利尿作用を生かす!そのためにもどんな食べ物が効果的か知ろう

利尿作用を得るために普段の食生活を見直しましょう

医学的にはむくみを浮腫(ふしゅ)と呼ぶのはご存知でしたでしょうか。
さて、そしてその大きな原因となっているのは体の中の水分と塩分なのです。
浮腫のメカニズムであったり、さらに踏み込んだ医学的な内容はここでは触れませんが、飲み会などで大量のお酒、ドリンクや塩の効いたフードを大量に摂取した翌日などは特にひどいむくみが出たりするのもこのような理由があります。

近年ではむくみを効果的に取るラシックスやアルダクトンなどの医薬品もありますが、普段からの食生活を見直せば、ある程度のむくみは改善できるのです。

まず、前述の通りむくみの大きな原因は体の中の水分と塩分です。
これらを積極的に体の外へ排出する効果がある飲み物や食べ物、特に食品は野菜を普段から選んで食事に取り入れるようにしましょう。

排出とは、尿として水分と塩分を体の外に出すことになります。
まずはそのための、利尿作用がある飲み物として代表的なものにはカフェインを多く含んだ飲み物があげられます。
抹茶や緑茶、コーヒー、栄養ドリンクなどです。
血管収縮作用を持つカフェインは、水分を体外に排出しますが、ハーブティーや麦茶はカフェインを含んでいないので注意が必要です。

続いては食べ物ですが、メロンやスイカ、キュウリなどの水気が多い、利尿作用がいかにもありそうな食品はもちろんですが、海藻類やアサリ、キャベツ、ホウレンソウ、アボガド、キノコ、バナナ、小豆などもあげられますが、やはり野菜が多くなっています。
実はこれらの食べ物に共通しているのは、カリウムを多く含んでいる食品であるということがあげられます。
体の中の水分と塩分の量を調節する効果から、カリウムは利尿作用を持っています。

やはり果物や野菜を多く摂る食生活は健康にもおいても美容においてもよいとされるようです。
明日からでも、すぐに実践できるのが食生活の改善です。
特に日頃、むくみで悩まれていてもまだ医薬品を使うほどではない、そのような方にこそ食生の見直しがおすすめできるかと思います。